ペット・動物 | 映像・アニメ | 芸術・音楽 | 赤ちゃん・子ども | ニュース | 生活 | 教育 | スポーツ・車 | 技術・コンピュータ | ゲーム

教育

教育

教育

世界各地の残忍な死刑執行方法が分かる画像10枚

世界各地で行われていた(行われている)残忍な死刑執行方法が分かる画像(絵)を10枚ご紹介。

ちなみに、死刑 – Wikipediaによると、日本の死刑執行方法は絞首刑で意識喪失まで5秒ほど(参考:日本における死刑執行(絞首刑)の解説ビデオ)。アメリカで最も採用されている死刑執行方法は致死薬注射で、苦しむことなく15秒ほどで死に至らしめるそうです。また以前のアメリカでは電気椅子による死刑が普及していましたが、被執行者が即死せず数回の電撃にさらされた数件の事例のために「残酷で異常な刑罰」とされ、徐々に衰退しているそうです。

ウォーキングプランク

体の自由を奪った状態でサメのいる海の真ん中に突き落とす死刑執行方法。
Walk-the-Plank

セメント靴

足にセメントをつけ海に沈める死刑執行方法。
Cement-Shoes

切腹

Seppuku

焼き網

GridIron

The Brazen Bull

牛の形をした金属性の入れ物に被執行者を閉じ込め火にかける死刑執行方法。
Brazen-Bull

ガス室

被執行者を閉じ込めた部屋に毒ガスを充満させてゆく死刑執行方法。意識喪失まで2分ほどかかるそうです。
Montage2

銃殺刑(銃殺隊による処刑)

銃殺刑 – Wikipediaによると、複数人で撃つのは一人で射撃する場合(銃殺、射殺)に伴う射殺失敗を防ぐため、銃殺隊のうち誰が致命傷となる弾丸を撃ったのか分からなくするためだそうです。
Firing-Squad

押しつぶし刑

Crushing

火あぶりの刑

Burning-at-the-Stake

関連記事:一番痛い死刑の執行方法ってなんだろう・・・

教育の記事をもっと見る »

コメントをいただけると嬉しいです!

2010年06月30日

ページトップに戻る