ペット・動物 | 映像・アニメ | 芸術・音楽 | 赤ちゃん・子ども | ニュース | 生活 | 教育 | スポーツ・車 | 技術・コンピュータ | ゲーム

技術・コンピュータ

技術・コンピュータ

技術・コンピュータ

遂にドラえもんの手が完成?指が無いのに何でもつかめる球状の装置

粉体の”ジャミング転移現象”を用いて、電気掃除機とコーヒーかすを材料に指がないのに何でもつかむことができ、操作できる球状の装置をアメリカの研究チームが開発したそうです。

[YouTube] ugripper_pnas2_s.wmv

“ジャミング転移現象”とは、粉体の密度が低い状態では粉体が液体に似た性質(乾いた砂がバケツから流れるようにこぼれる性質)を持つのに対し、密度がある値を超えて高くなると粉体が固体に似た性質(砂のお城のように同じ状態を保つ性質)を持つ現象とのこと。

参考サイト:何でもつかめて操作できる、新発想のロボット(動画) | WIRED VISION

何かを持ち上げるときには、ゆるく詰めたコーヒーかすの袋が対象物に密着する。その後、粒子間に存在する空気を電気掃除機で吸い取ると、袋が固くなり、対象物の輪郭に沿った形の強力な万力のようになって固定される。開始時の袋の体積を、わずかに――全体の1%未満――減らすだけで、対象物を十分に固定できることを研究チームは確認している。

動画にあるシンプルなロボットは、コーヒーかすと電気掃除機で作られているが、コーヒーかすに限らず、クスクス[小麦粉から作る粒状の粉食]や砂といった他の粒子も利用できる

技術・コンピュータの記事をもっと見る »

コメントをいただけると嬉しいです!

2010年10月28日

ページトップに戻る