ペット・動物 | 映像・アニメ | 芸術・音楽 | 赤ちゃん・子ども | ニュース | 生活 | 教育 | スポーツ・車 | 技術・コンピュータ | ゲーム

技術・コンピュータ

技術・コンピュータ

技術・コンピュータ

深夜のTwitter利用時に酔っ払い度を判定&恥ずかしい書き込みを防止してくれるツール「Social Media Sobriety Test」

セキュリティソフト会社ウェブルートが無料公開しているブラウザエクステンション・プラグイン「Social Media Sobriety Test」のご紹介です。2010年11月06日現在、対応ブラウザはFirefox、Chrome、Safari、InternetExplorer 8でOperaは未対応。

「Social Media Sobriety Test」は、あらかじめ指定しておいた時間帯に指定しておいたソーシャルサイト(Twitter、Facebook、Flickr、Tumblrなど)を利用すると、書き込みの直前に「酔っ払い度判定テスト」を表示。テストに不合格だと入力した文章の代わりに「ただいま○○は泥酔しており投稿できません」と投稿されるというもの。

「Social Media Sobriety Test」をインストールしたいブラウザからソフトウェア配布ページにアクセスすると、そのブラウザ専用のダウンロードボタンが出現します。InternetExplorer以外はワンクリックでインストールできるようです。

ソフトウェア配布ページ:Social Media Sobriety Test

技術・コンピュータの記事をもっと見る »

コメントをいただけると嬉しいです!

2010年11月06日

ページトップに戻る