ペット・動物 | 映像・アニメ | 芸術・音楽 | 赤ちゃん・子ども | ニュース | 生活 | 教育 | スポーツ・車 | 技術・コンピュータ | ゲーム

スポーツ・車

スポーツ・車

スポーツ・車

けん引自動車の「スネーキング現象」、対処法を知らないとこんな大事故に

重量の不揃いや制限速度超過などによって連結車両がくねくねと蛇行しはじめる「けん引自動車のスネーキング現象」が引き起こした事故映像のご紹介です。近くに他の車両がいなかったのが不幸中の幸いでした。

スネーキング現象とは?

急ハンドルや急ブレーキ時の他に制限速度の80km/hを超えるような速度で運行すると追い越し車の風圧などを切っ掛けとして、センターアクスル式のキャンピングトレーラーなどに起こる。ヒッチボールを支点にして蛇のようにくねくねと連結車両が屈曲運動を起こし操縦不能になる。減速することによりスネーキング現象は解消される。名前の由来は、蛇行。

参考サイト:牽引自動車 – Wikipedia #特有の現象

ちなみに、初期段階の微妙な揺れの状態を魚の尾びれにたとえて「フィッシュテール現象(fish tail)」と呼ぶそうです。

スポーツ・車の記事をもっと見る »

コメントをいただけると嬉しいです!

2011年06月23日

ページトップに戻る